皮膚から浮き出るぼこぼこを、マッサージで解消しようとする人は少なくありません。ぼこぼこの正体は、いわゆるセルライトと呼ばれるもので、皮下脂肪が肥大化することで肌に凹凸を作り出します。これをマッサージで潰すという美容法は有名であり、潰すようにもみ込んだり、絞るようにもんだりすることで解消されると言われていることもあります。

しかしながら、単にマッサージを行っただけではセルライトを解消することは難しいのです。それどころか血管やリンパ管を傷めてしまう恐れもあり、却って脂肪細胞を肥大化させる恐れがあります。だからといってマッサージに効果がないわけではなく、大切なのは適切に行うことです。

ポイントのひとつは体をよく温めておくことで、運動後や入浴後などの、体の巡りが良くなっている状態で、マッサージを行えば効果的に脂肪の排出を促しやすくなります。その際には、無用に力を入れる必要はありません。心地良いと感じられる程度の加減で良いため、力任せなお手入れにならないよう注意しましょう。

もしもセルフケアでは解消が難しく感じられるようなら、エステを利用してみるのもおすすめです。エステでもマッサージを行いますので、それを真似てケアをするケースもありますが、例えばこのようなエステ(https://bloom.ne.jp/)の場合はラジオ波やキャビテーションといったマシンを用い、脂肪を分解させやすくなった状態でケアを行います。自宅で行う単なるマッサージとは大きく効果が異なる点に注意が必要でしょう。

なお、セルライトに悩まされないためには、皮下脂肪を肥大化させない対策も必要不可欠と言えます。ポイントとしてはまず運動を行うことで、筋肉量をアップさせることでセルライトができにくい体質を作り出すことができます。筋肉には脂肪燃焼を促進させる働きがあるため、運動不足で筋肉量が少ない人ほど、意識的に運動を行うことが推奨されるでしょう。冷え性対策も大切です。冷えは代謝を落としてしまう最たる要因で、老廃物が蓄積されることでセルライトもできやすくなりますので注意が必要と言えます。