小顔に見える髪型でおすすめはボブ

小顔に見える髪型でおすすめなのはボブです。小顔に見えるようにするには見える顔の表面積を少なくすればいい訳です。タレントさんの中には頬と髪の生え際やおでこの髪の生え際に、ダークな色のシャドーを入れて小顔に見せている人もいるようです。肌色の部分が少なく見えれば良いようです。

 

でもいつもシャドーを入れるのは大変ですし、小顔に見える髪型があるのであればチャレンジしてみるのも良いでしょう。ボブと一言で行ってもいろいろあります。普通はいわゆるおかっぱと言われる髪型です。前髪をぱっつんと切って両サイドを顎辺りのラインで切りそろえるものです。これは一番ノーマルなものでしょう。前髪を作らずに真ん中あるいは少しサイドから分けてワンレングスにする形のボブもあります。

 

これは丸顔の人におすすめです。見える部分が縦長になりますのですっとした印象を与えることが出来ます。逆に面長の人がこの髪型をするとより顔が長く見えてしまうのであまりおすすめできません。面長の方は前髪を作った方がより小顔に見えるでしょう。ボブの変化球で左右アンシンメトリーにする方法もあります。どちらかを短くどちらかを長くするものです。これですと小顔効果プラス個性的な感じになります。

 

また、襟足を短くし、斜めにカットして頬のサイドを長めになるようにするとこれもまた個性的で大人びた感じに小顔効果が期待できます。ボブカットにすると困るのが寝癖です。しっかり乾かして寝ないと朝大変なことになってしまいがちです。髪の長さに余裕があれば、毛先のみ内側にゆるくカールするようにパーマをかけてもらうと良いでしょう。お手入れが簡単になります。

 

その逆できりっぱなしボブという物もあります。これはあえてばっさり切りっぱなしにしておくというヘアスタイルで決して無精をしている訳ではなく、ナチュラルな印象を与えることが出来るものです。自分のお顔の形に合わせて、どのスタイルがいいか決めてみましょう。

痩身エステで人気、ディーフォーカスとは

痩身エステで人気なのはディーフォーカスです。ディーフォーカスは、リバウンドしにくく短期間で気になる部分にアプローチが可能で、痛みも少ない痩身マシンです。

 
従来の痩身マシンは、皮膚の表面にエネルギーが一番多く伝達して、深くなるほどエネルギーが減少し脂肪層までのエネルギーの伝導効果がありませんでした。痩身エステで人気のディーフォーカスは、皮膚の表面にエネルギーは殆ど伝導されず、皮膚の負担をかけずにアプローチ力を実感することが可能です。

 
ディーフォーカスは、1回でも実感できる高いアプローチ力とリバウンドしにくく、セルライトケアにも適している痩身エステです。食事を制限して体重を減らしても、二の腕や太ももなど部分的に細くならないので痩せた印象にならないという場合があります。二の腕や太ももなどにはセルライトがつきやすい部位で、そのセルライトは体重が減っても分解しないと細くすることができません。セルライトは脂肪の塊で、思春期以降の女性に起こりやすいもので、代謝の衰えと共に脂肪細胞が肥大化して、脂肪と脂肪や、老廃物などが絡み合いセルライトとなります。表皮の付近について通常のダイエットで改善するのは難しいです。ディーフォーカスはセルライトに作用して、原因となる老廃物などへアプローチして効果を発揮します。

 
ディーフォーカスは、皮下脂肪が多い場合に最も効果を発揮する痩身マシンで、二の腕など通常の痩身エステでは脂肪が落としにくい部分も改善することが期待できます。脂肪細胞やセルライトと一緒に老廃物や余分な水分も排出することができるため、美容や美肌効果もあり、施術後は血行促進や新陳代謝の活発化が持続するなど体の中からも健康になれる痩身エステです。皮下脂肪が多いと血中コレステロールが増えて血管が詰まり高血圧など様々な生活習慣病になることもありますが、痩身エステでディーフォーカスの施術をすることで、脂肪を燃焼させて血中コレステロールも減らすことが期待できるので、美容だけではなく健康にも効果的です。

1 2 3 15