自宅でセルライトを撃退する方法

セルライトを取り除きたい時にはエステに通ってマシンによる施術を受けるのが一番ですが、自宅でもケアできる方法はありますので、まずはセルフケアを試して様子を見るのも一つの方法です。
最初に取り入れたいのはマッサージであり、体が温まっている時に行うと効果的ですのでお風呂のタイミングで行うのが最適です。体温が上昇している時の方が痩身効果が出やすいので、部屋で行う時には暖かい状態で行うことをお勧めします。非常に頑固になっている脂肪ですので、ただ単にさすったくらいでは良くならず、少し力を入れてマッサージをするのがコツです。必要に応じて燃焼効果を高めるようなジェルを使ったり、ボールの付いているハンドマッサージ器具を使うことで効果を高めることができます。力が弱すぎると効果がないのは本当ですが、入れ過ぎると皮膚を傷める恐れがありますので、力加減には注意したいところです。

マッサージをする時にはリンパの流れを意識しながら行うと更に効果が高まります。リンパが滞ると循環が悪くなり、冷え症の原因にもなりますので、毎日欠かさずケアを行いたいところです。足の裏にはたくさんのツボがありますので、ツボも一緒に押しておきましょう。

体を冷やすことが大敵ですが、運動をしただけでは温まるのは一時的ですので、体の内側から温める方法を考えなければなりません。食材には体を温めるものと冷やすものとがあり、冷やすものを摂ることの多い人は冷えを助長してしまいますので見直す必要があります。飲み物でも同じことが言えるのですが、紅茶・ウーロン茶・ほうじ茶・プーアール茶・ココアなどは体を温めるのに対し、コーヒー・緑茶・抹茶・牛乳・豆乳などは冷やしますので気をつけましょう。

体が冷えることにより脂肪がつきやすくなり、セルライトが増える原因になります。
その日のむくみをその日のうちに解消することもセルライト対策になり、そのために着圧ソックスをはくのはおすすめです。日中にはける着圧ソックスもありますので、立ちっぱなしの仕事をしている人は上手く活用することが大切です。

小顔に見える髪型でおすすめはボブ

小顔に見える髪型でおすすめなのはボブです。小顔に見えるようにするには見える顔の表面積を少なくすればいい訳です。タレントさんの中には頬と髪の生え際やおでこの髪の生え際に、ダークな色のシャドーを入れて小顔に見せている人もいるようです。肌色の部分が少なく見えれば良いようです。

 

でもいつもシャドーを入れるのは大変ですし、小顔に見える髪型があるのであればチャレンジしてみるのも良いでしょう。ボブと一言で行ってもいろいろあります。普通はいわゆるおかっぱと言われる髪型です。前髪をぱっつんと切って両サイドを顎辺りのラインで切りそろえるものです。これは一番ノーマルなものでしょう。前髪を作らずに真ん中あるいは少しサイドから分けてワンレングスにする形のボブもあります。

 

これは丸顔の人におすすめです。見える部分が縦長になりますのですっとした印象を与えることが出来ます。逆に面長の人がこの髪型をするとより顔が長く見えてしまうのであまりおすすめできません。面長の方は前髪を作った方がより小顔に見えるでしょう。ボブの変化球で左右アンシンメトリーにする方法もあります。どちらかを短くどちらかを長くするものです。これですと小顔効果プラス個性的な感じになります。

 

また、襟足を短くし、斜めにカットして頬のサイドを長めになるようにするとこれもまた個性的で大人びた感じに小顔効果が期待できます。ボブカットにすると困るのが寝癖です。しっかり乾かして寝ないと朝大変なことになってしまいがちです。髪の長さに余裕があれば、毛先のみ内側にゆるくカールするようにパーマをかけてもらうと良いでしょう。お手入れが簡単になります。

 

その逆できりっぱなしボブという物もあります。これはあえてばっさり切りっぱなしにしておくというヘアスタイルで決して無精をしている訳ではなく、ナチュラルな印象を与えることが出来るものです。自分のお顔の形に合わせて、どのスタイルがいいか決めてみましょう。

1 2 3 16