0

セルライトにマッサージは効果的?

皮膚から浮き出るぼこぼこを、マッサージで解消しようとする人は少なくありません。ぼこぼこの正体は、いわゆるセルライトと呼ばれるもので、皮下脂肪が肥大化することで肌に凹凸を作り出します。これをマッサージで潰すという美容法は有名であり、潰すようにもみ込んだり、絞るようにもんだりすることで解消されると言われていることもあります。

しかしながら、単にマッサージを行っただけではセルライトを解消することは難しいのです。それどころか血管やリンパ管を傷めてしまう恐れもあり、却って脂肪細胞を肥大化させる恐れがあります。だからといってマッサージに効果がないわけではなく、大切なのは適切に行うことです。

ポイントのひとつは体をよく温めておくことで、運動後や入浴後などの、体の巡りが良くなっている状態で、マッサージを行えば効果的に脂肪の排出を促しやすくなります。その際には、無用に力を入れる必要はありません。心地良いと感じられる程度の加減で良いため、力任せなお手入れにならないよう注意しましょう。

もしもセルフケアでは解消が難しく感じられるようなら、エステを利用してみるのもおすすめです。エステでもマッサージを行いますので、それを真似てケアをするケースもありますが、例えばこのようなエステ(https://bloom.ne.jp/)の場合はラジオ波やキャビテーションといったマシンを用い、脂肪を分解させやすくなった状態でケアを行います。自宅で行う単なるマッサージとは大きく効果が異なる点に注意が必要でしょう。

なお、セルライトに悩まされないためには、皮下脂肪を肥大化させない対策も必要不可欠と言えます。ポイントとしてはまず運動を行うことで、筋肉量をアップさせることでセルライトができにくい体質を作り出すことができます。筋肉には脂肪燃焼を促進させる働きがあるため、運動不足で筋肉量が少ない人ほど、意識的に運動を行うことが推奨されるでしょう。冷え性対策も大切です。冷えは代謝を落としてしまう最たる要因で、老廃物が蓄積されることでセルライトもできやすくなりますので注意が必要と言えます。

0

そもそもセルライトって何?その原因と対処法を知りましょう

セルライトとはオレンジピールのようにも見えることから、オレンジピールスキンとも呼ばれています。お尻や太腿、おなか等によく見られる脂肪の塊です。そもそもは皮下脂肪であり、皮膚の内側の線維芽細胞を持ち上げているために凸凹しています。触ると硬くて、簡単にはほぐすことができません。自己流のマッサージでは、なかなか改善されないです。そのためにぽっちゃりと太って見えてしまい、女性の悩みの種となっています。なんとかして除去したいと、美容外科などでセルライト除去の施術を受ける人も見られます。

一言にセルライトと言えども、種類は大きく4つあるのです。脂肪が老廃物と結び付いた脂肪型セルライトは、幅広い年齢層に生じます。また冷えやむくみによって生じるむくみ型の場合は、比較的除去しやすいでしょう。むくみ型は血流の悪さが大きな原因です。さらにセルライトを長期間放置してしまうと、繊維化セルライトになってしまいます。線維化してしまうと、塊をつまんだときに痛みが生じます。そして最後に挙げるのが、筋肉型セルライトです。これは昔スポーツをしていた人が筋肉が衰えて脂肪化するケースです。筋肉型は最も改善しにくいとされています。

脂肪の塊を除去するためには、まずは自身のセルライトのタイプを知ることが大切です。そして必要に応じた対策を考えましょう。主な対策として、血流促進や運動などの対処法があります。運動は血流を良くすることにもつながりますし、代謝アップされて老廃物が排出されやすくなります。ゆっくり浴槽につかり、マッサージをする習慣も付けたいものです。また自律神経が乱れることでも生じやすくなるので、心身共にリフレッシュしてストレスを溜めないようにしましょう。

普段から規則正しい生活と栄養バランスの良い食事を心がけて、皮下脂肪が付かないように心がけることも忘れてはなりません。どうしても改善されない際には、専門医のもとで除去の施術を受けるのがおすすめです。

0

セルライトを自宅で手軽になくす方法

女性ならセルライトをなくしたいと思っている方も多いでしょう。セルライトとは排出できなかった老廃物や脂肪細胞が固まって、肌の表面がデコボコになって表れたものです。体の至る所に現れますが、特に太ももや二の腕に出やすく、薄着になる季節は特に気になってしまいます。そんなセルライトを自宅でなくす方法や生活習慣を紹介したいと思います。

セルライトをなくすにはまずはマッサージです。皮膚をつまんでみるとデコボコがある部分は、セルライトの可能性があります。そして特に気になるところを重点的にマッサージしていきます。初めは皮膚への刺激を与えすぎない程度に、ゆっくり揉みほぐします。太ももは広い部分なので、内、外、表側に分けてマッサージしていきます。老廃物をリンパ節に流し込むイメージで揉みほぐすようにします。始めはリンパ節までマッサージするのを一回として、一部分5回程度から始めると良いでしょう。
それから気になる部分を重点的に行ったり、回数を増やしたりします。肌の状態を見ながら無理のない程度に行います。始めは、時間がかかったりして面倒くさいと思うかもしれませんが、慣れてくるとテレビを見ながらでもできるので、時間もあっという間です。血行の良くなったお風呂上りにボディクリームやローションを塗りながらマッサージを行っても良いでしょう。

マッサージと同時に実行したいことは生活習慣の見直しです。いくら肌がなめらかになってきても、脂っこいものや甘いものを食べ過ぎていると、体の流れが鈍くなり老廃物が溜まりやすくなります。それがまた脂肪組織と結合してセルライトになってしまう可能性があります。
そうした悪循環を防ぐためにも、普段から偏った食生活を見直すことが大切です。更に運動をすることによって体の循環機能も上がるので、運動不足の人は体を動かすことを考えてみましょう。こうした生活を心がけることによって老廃物を溜めない体をキープし、セルライトをつくらない体質になります。”

0

セルライトの効果的な除去法について

暖かい季節になってきて、薄着になってくると気になることがあります。それは手や足についた贅肉やセルライトです。特に半袖や短いスカートなどになった時に大変気になります。セルライトが足やお尻についていると、ボコボコとしたものが外に見え大変気まずいものがあります。そのような状況は可能な限り避けたいものです。そのためにはまだ暖かくなる前に色々なことを行っておく必要があります。そのような際における効果的な脂肪除去法について説明します。

セルライトは、長年かかって体内に溜まってきた脂肪が表面にで浮き出てきたものです。脂肪の塊ができるとそのこと自体により血行が悪くなり、更に代謝が低くなって脂肪が溜まりやすくなるということがあります。したがって、セルライトの除去というのはすぐに行う必要があります。セルライトができる原因としては、運動不足や食生活やストレスなどがあると言われています。また表に出てくる前にもその予備軍が体の中に存在すると言われています。したがって表に出た部分だけを見るのではなく、平素から全体の血行を良くするというようなことが大切です。積極的に運動を行い体に筋肉をつけて基礎代謝を上げるというのも一つの手です。

セルライトは体のさまざまな部分に出てきますが、特に下半身を中心としてお腹あたりからお尻や太ももで目立ってきます。特に太ももに出たセルライトは外に露出する機会も多いので大変気になるものです。その除去を真面目に考える必要がありますが、効果的な方法としては血行を良くするという事があります。

まず一番に考えられるのが、マッサージを行ったりローラーをかけたりすることによって血行を良くして取り除くことがあります。また食事を考えるというのもありますが、サプリメントを摂るという方法も考えましょう。短期間でできるものではありませんので気長に取り扱っていかなければなりません。よく宣伝などに出てくる過激な方法を行うと体に悪いばかりじゃなく、結局セルライトが除去できなかったという場合も出てきます。

0

お腹のセルライトは除去できます

お腹や腰回りなどにできたセルライトは、指で押すとボコボコしたように浮き上がります。普段は見えない場所になりますが、温泉に入ったり着替えなどに他の人に見られると恥ずかしいでしょう。お腹や腰回りなどのセルライトを解消するには、マッサージが効果的です。

セルライトは皮下組織の内にある脂肪細胞で、お腹やお尻、太ももによく見られもので、肌表面がデコボコしてオレンジピールスキンと言われています。皮膚の下に脂肪細胞があるので、セルライトが大きくなると表面を押し上げてきて、見た目がデコボコするのです。次第に血管やリンパなどが圧迫されるようになり、血の巡りが悪くなって出来やすくなる特徴があります。

これは突然できるのではなく、時間をかけてじっくり肌の表面に現れるのです。代謝が低下し始める20代後半からその予備軍が作られることもあり、30代になると目立ち始めた人は肥大化することもあるでしょう。それを除去するにはマッサージが効果的で、最初に脚の付け根をぐりぐりとマッサージしましょう。リンパ節があるのでほぐしていくと、リンパが流れやすくなります。

ふくらはぎや太ももなどをマッサージしても、老廃物を流す先の方が詰まっているとうまく流れません。鼠蹊部や鎖骨付近などのリンパには老廃物が溜まりやすくなっているので、まずはマッサージしてほぐします。マッサージは力を入れず優しくなでながら、毎日継続することが大切です。クリームやオイルなどを使うのも良く、お腹のマッサージ方法について、両手でお腹の肉を掴みます。
手を交互に上下左右に動か揉みほぐしていき、お腹全体を揉んでいきます。次に流していきますが、みぞおちに両手をあて時計回りに手を動かしましょう。

みぞおちに戻ったら右手は右足の付け根に向かって、左手は左足の付け根に向かいリンパを流すイメージで滑らせていくと効果的です。何セットか行っていき、簡単なのでテレビを見ながらでも行うことが可能です。

1 2 3 10